こいこい

あそびかた

デックについて

全部で48枚の札があり、12ヶ月それぞれの月を表す12のスートがあります。各スートにつき札は4枚です。スー トによって構成は異なりますが、光、種、短冊、カスの4種類の札があることを覚えてください。 カス 短冊

はじめ方(2人)

、またはのスートはデックから除きます。

デックをシャッフルし、相手に8枚、表向きにして場に8枚、自分に8枚配ります。通常は一度に4枚ずつ配ります。残りの札は山札として場に置いておきましょう。

まずはじめに場を確認してください。もし同じスートの札が4枚全てあった場合、札をシャッフルしてやり直します。次に手札を確認し、同じスートの札が4枚全て揃っていた場合、そのラウンドはあなたの勝利となり、5点獲得できます。

どちらにも当てはまらなかった場合、最初にプレイする人を決めてゲームを始めましょう。

ゲームの目的

価値のある札を獲得し、と呼ばれる特定の組み合わせを作ること。

自分の番

自分の番が来たとき、場にある札の中から、自分の手札と同じスートの札があるか探してください。もしあった場合には、その2枚を合わせて自分の札として獲得し、どちら も表向きにして自分の前に並べます。

もし同じスートの札がなかった場合には、手札から場に 札を1枚捨てなければなりません。

次に山札から1枚引き、場に置いてください。もし合う札 があった場合には同じように自分の札となり、どちらも表 向きにして自分の前に並べます。

もし場に合わせられる札が2枚あった場合、そのうち1枚だけを獲得することができます。ただし場に3枚合わせられる札があった場合には、全ての札を獲得することができます。

次は相手の番です。

どちらかが役を作るまでこれを繰り返します。

戦略

役によって得点は異なりますが、高得点の役ほど札を揃えるのが難しくなります。まずは価値のある札を優先的に取り、次第に役を作るための特定の札を戦略的に集めて勝ちを目指しましょう。

また同じ札を使って複数の役を作り、点を獲得することができます。

例:盃(さかずき)桜に幕鳳凰の札を取った場合には、花見で一杯2点三光5点の合計7点を獲得します。

役、こいこい、
終わり方

役が出来たとき、「こいこい!」と言ってそのまま続けるか、そのラウンドを終わりにするかを選ぶことができます。続けることでボーナスとして1点獲得することができますが、ラウンドを終わらせたプレイヤーだけが点を獲得できるので、相手がラウンドを終わらせた場合には自分は点を獲得することができません。

例1:プレイヤーAが役を作り、ラウンドを続けることを選 択。その後にプレイヤーAはもう一つ役を作り、そのラウンドを終わらせました。この場合、プレイヤーA役の点に加えてボーナス1点を獲得し、プレイヤーB0点になります。

例2:プレイヤーAが役を作り、ゲームを続けることを選択。その後にプレイヤーBが役を作り、ゲームを終わらせました。この場合、プレイヤーA0点になります。

もし自分の手札がなくなり、役を作れなかった場合、0点になります。相手も手札がなくなり、役を作れなかった場合、そのラウンドは終了し、両者ともに0点になります。

光札の役
三光5
光札が1枚増えるにつき+2
特別な役
花見で一杯2
月見で一杯2
種札の役(一つの役を選ぶ)
猪鹿蝶5
タネ1
種札が1枚増えるにつき+1
短冊札の役(一つの役を選ぶ)
赤短・青短の種複10
赤短5
青短5
タン1
短冊札が1枚増えるにつき+1
カス札の役
カス1
カス札が1枚増えるにつき+1

勝利!

通常ゲームは複数ラウンド行われます。「季 節」の場合は3ラウンド、「半年」の場合は6ラウンド、「一年」の場合は12ラウンドで す。全ラウンドの後にもっとも多くの点を獲 得したプレイヤーの勝利となります。

もし両者ともに同じ点数だった場合に、両者の勝利となります、お互いに喜びましょう!

もっと気軽にこいこいを遊ぶ場合には、最初に役を作ったプレイヤーの勝利とすることもできます。